jirikihongan-kaiun blog

国家公務員総合職・外務省専門職受験へのハードルを 少しでも下げたり、英語 や 多言語化に取り組みたい人へ大きな助けになるブログを目指します。

【外務専門職】英文和訳

広告

子どもの幼稚園見てきます。また、のちほどレポートします。

問い)

Around 90% of leading Chinese state enterprises recently scrutinized by the nation's auditor show evidence of improper accounting, according to a new and highly unusual report likely aimed at keeping the government's anti-graft drive fresh in officials' minds.

The National Audit Office delved into financial statements from 20 of the 101 state enterprises directly controlled by the central government, focusing on filings from the year 2015. The records are notoriously difficult for outsiders to access, as many of the companies are core unlisted units of major state-backed business groups.

Improprieties were unearthed at 18 of the 20, including 200.1 billion yuan ($29.4 billion) in revenue inflation over the last several years and roughly 20.3 billion yuan in improperly booked profit. Culprits included China National Petroleum, one of the country's largest oil producers; China National Chemical, or ChemChina, which recently acquired Switzerland's Syngenta, the world's top maker of agrochemicals; and China Baowu Steel Group.

Dongfeng Motor, which operates joint ventures in China with Nissan Motor and Honda Motor, reportedly failed to properly account for around 600 million yuan in transportation subsidies paid to employees in 2015.

中国政府の反腐敗運動を徹底する目的で新たに公表したとみられる極めて異例のリポートによると、同国の会計監査当局が最近調査した大手国有企業の約90%で不正会計の証拠が見つかった。
中国審計署は中央政府が直接所管する国有企業101社のうち、20社の財務諸表を2015年の報告分を中心に詳細に調査した。これらの企業の多くは大手国有企業グループの非上場の中核部門であるため、部外者がこうした記録を入手するのはよく知られているように困難だ。
 不正は20社のうち18社で見つかり、過去数年で売上高が2001億元(約3兆3000億円)水増しされ、約203億元が不正に利益として計上されていた。不正を犯していた企業には、中国最大級の石油グループである中国石油天然気集団や、農業世界最大手のスイスのシンジェンタを最近買収した中国化工集団(ケムチャイナ)が含まれる。
日産自動車やホンダと中国で合弁事業を運営する東風汽車は、15年に従業員に支払った約6億元の交通費補助を適切に会計処理しなかったとされる。