jirikihongan-kaiun blog

国家公務員総合職・外務省専門職受験へのハードルを 少しでも下げたり、英語 や 多言語化に取り組みたい人へ大きな助けになるブログを目指します。

【外務専門職】京大 英文和訳・和文英訳(2)

広告

今日は、名古屋から岡山まで車で日帰り出張です。申し訳ないですが、問いは以下でお願いします。

問い)

(1)In one sense the biggest problem you face in a convention is going from silence to speech at the beginning and from speech to silence at the end. Once actual talk is initiated it follows its own rules, but starting and stopping are not always easy, and, of the two, getting started appears to be the more difficult.

ある意味、会話の際に直面する最大の問題は、始めに沈黙から会話へ移行することと、終わりに会話から沈黙に戻ることである。ひとたび会話が実際に始まれば、会話は独自の規則に従って進行するが、話の切り出し方と締め方は必ずしも容易ではなく、この両者の中では話の始め方の方が難しいように思える。

(2)Because books are a well-established form of communicating ideas you can, commune with every kind of mind from every time and country since human history was recorded. Today books are more readily accessible than they ever have been through libraries and inexpensive editions. In fact the best books are often the cheapest, and in these there is scarcely an aspect of experience that is not discussed. From books you can learn practically everything you care to know. The only limits are the range of your vision and strength of you will.

書物は思想を伝達するための形態として十分定着したもので、書物を通じて、人間の歴史が記録されるようになってからのどんな時代や国のどんな類の人物とも親交が可能である。今日、書物は図書館や廉価版を通じて、かつてないほど入手が容易になっている。それどころか、最上の書が最廉価のものであることがよくあって、しかもこういう書のなかで論じられていない経験の様相はほとんどない。書物から、知りたいと思うことはほとんど学ぶことができる。これを制限するものは読む人の視野の幅と意志の強さだけである。

(3)私たちは、周囲にあまりにもたくさんある文化財になれっこになって、その存在を当然のように思いがちである。しかしほんとうは、一つ一つの文化財は、それを維持するために尽くしてきた数多くの人々の多年の努力の結晶なのだ。文化財をおろそかにすることは、そうした人々の努力をないがしろにすることであるという事実を忘れてはならない。
We are surrounded by so many cultural assets that we tend to take them for granted. However, each of them represents many years of effort by a lot of people to prepare them. We should keep in mind that neglecting them means that we don’t appreciate the efforts made by those people.