jirikihongan-kaiun blog

国家公務員総合職・外務省専門職受験へのハードルを 少しでも下げたり、英語 や 多言語化に取り組みたい人へ大きな助けになるブログを目指します。

【外務専門職】 伊勢志摩サミット宣言文(9)

広告

今回は、移民と難民危機についてです。この文章を見て 草薙剛さんが主役だった映画「日本沈没」を思い出しました。最終的に日本が沈没するにあたり、日本人が移民すると言うストーリーでした。シリア 2,240万人に対して、500万人以上の難民を受け入れるのに全世界で四苦八苦している中、日本沈没」のラストが果たして、現実に即しているのかは 少々疑問を感じてしまいました。日本もこれから「少子高齢化」「南海トラフ地震」「北朝鮮問題」と国難に近い課題が山積していますが、自分たちの子孫が難民にならないように 小さなことからですが 出来る限りの手を尽くしていければと思います。(例えば、自由民主党が気に入らなければ、野党を応援するなど。)

問い)

移民及び難民危機
難民,庇護申請者,国内避難民(IDPs)及びぜい弱な移民の数が第二次世界大戦以降最大の水準にある中で,G7 は,現在進行中の移民及び難民の大規模な移動を,人権を完全に尊重し,かつ,適用可能な国際法にのっとりつつ,世界的な対応をとる必要がある地球規模の課題として認識する。

Migration and Refugee crisis
With the number of refugees, asylum seekers, internally displaced persons (IDPs) and vulnerable migrants at its highest level since the Second World War, the G7 recognizes the ongoing large scale movements of migrants and refugees as a global challenge which requires a global response, in full respect for human rights and in accordance with applicable international law.

我々は,人道上の影響及び大規模な避難の根本原因の双方に対処しつつ,この課題を人道的及び効果的に管理することを最優先する。人々の大規模な移動は多面的な現象であり,自然災害と同様に紛争,国家のぜい弱性及び安全の欠如並びに人口構成,経済及び環境の変化からもたらされる根本原因に対処する必要がある。したがって,国際社会は紛争予防,安定化及び紛争後の平和構築に向けた努力を強化するとともに,貧困を削減し,平和,グッド・ガバナンス,法の支配及び人権の尊重を促進し,包摂的な経済成長を支援し,並びに基礎的サービスの提供を向上させるための解決策を見出すことに焦点を当てるべきである。

We place the highest priority on humanely and effectively managing this challenge, addressing both the humanitarian consequences and the root causes of massive displacement. Large movements of people are a multi-faceted phenomenon, which requires addressing its root causes resulting from conflicts, state fragility and insecurity, demographic, economic and environmental trends as well as natural disasters.The international community should therefore increase its efforts towards conflict prevention,stabilization, and post-conflict peacebuilding and focus on finding solutions in order to reduce poverty,promote peace, good governance, the rule of law and respect for human rights, support inclusive economic growth and improve the delivery of basic services.

我々は,人道,開発及びその他の主体の間でのより緊密な連携の必要性を認識しつつ,我々の国際的義務と整合的な貿易及び投資を支援するその他の措置と同様に,人道的支援,資金的支援,開発援助及び協力を通じて,難民,その他の避難民及びその受入れコミュニティの即時の及びより長期的なニーズに応えるための世界的な支援を増加することにコミットする。我々は,特に教育,医療,インフラ並びに人権及び公平な機会の促進に関する,影響を受けている地域の社会
経済開発の増加を目指す。我々は,効果的な移民の管理に関する 2030 アジェンダの実施の重要性を認識し,出身国及び通過国であるアフリカ,中東及び近隣諸国へ特別な注意を払いつつ,我々のパートナー国との開発協力を強化することにコミットする。

We commit to increase global assistance to meet immediate and longer-term needs of refugees and other displaced persons as well as their host communities, via humanitarian, financial, and development assistance, cooperation, as well as other measures to support trade and investment consistent with our international obligations, recognizing the necessity of closer collaboration between humanitarian, development and other actors. We aim to increase the socio-economic development of affected regions, notably regarding education, health care, infrastructure, and promotion of human rights and equal opportunities. We recognize the importance of the implementation of the 2030 Agenda regarding effective migration management, and we commit to strengthen our development cooperation with our partner countries, with special attention to African,Middle East and neighboring countries of origin and transit.


G7 は,国際金融機関及び二国間ドナーに対し,難民,その他の避難民及びその受入れコミュニティに対する資金的及び技術的な支援を促進することを奨励し,かつ,特に,「中東・北アフリカMENA)地域支援のための新規融資イニシアティブ」の立ち上げを歓迎する。我々はまた,「シリア危機に対応するための EU 地域信託基金(Madad 基金)」,「トルコにおける難民のための EU ファシリティー」及び「アフリカのためのEU信託基金」といった既存の機能及び資金調達メカニズムとの緊密な連携を求める。我々は,ヨルダン,レバノン及びケニアなどの最も影響を受けている受入れ国に対する支援を増加することの重要性を強調するとともに,ロンドンにおける「シリア危機に関する支援会合」の成果を実施することを支援することとなるトルコとの緊密な協力を継続する。シリアの危機は,長期化する避難民問題に対処する上で,国際社会が,全ての所得レベルの,かつ,全ての地域の開発途上国を支援するためのより良い態勢を備える必要性を浮き彫りにしている。

The G7 encourages international financial institutions and bilateral donors to bolster their financial and technical assistance for refugees and other displaced persons as well as their host communities and welcomes, in particular, the launch of New Financing Initiative to Support the Middle East and North Africa (MENA) Region. We also call for close coordination with existing facilities and funding
mechanisms, such as the EU Regional Trust Fund in Response to the Syrian Crisis (‘Madad Fund’), the EU Facility for Refugees in Turkey, and the EU Trust Fund for Africa. We stress the importance of increasing support to the most affected host countries, such as Jordan, Lebanon and Kenya, and continue close cooperation with Turkey, which will help deliver the outcomes of the London Conference on Supporting Syria and the Region. The Syrian crisis has underlined the need for the
international community to be better equipped to assist developing countries of all income levels and across all regions in addressing cases of protracted displacements. 

 


国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),世界食糧計画(WFP)及び国連児童基金UNICEF)のような,関連する国際的な人道及び緊急支援機関への世界的な支援の増加は,不可欠である。我々は,経済移民及び難民の流れ急増の根本原因に対処するための,広範かつ長期的な戦略及び措置をとることを呼びかける。我々は,雇用,教育,医療サービス及び基礎インフラへのアクセスを支援するための資金調達並びに技術的助言を通じ,難民及びその他の避難民並びにその受入れコミュニティのために持続可能な生活を提供することについて,各国を支援する手段が必要であることを認識する。我々は,他の世界銀行出資国と共に,世界銀行に対し,難民を受け入れている国々を支援するためのツールキットを拡大するための新たなプラットフォームを整備するよう求める。我々はまた,欧州投資銀行が,地中海地域及びアフリカにおける持続可能な開発,極めて重要なインフラ及び社会の一体性を支援する長期的な危機対応イニシアティブを構築する方法を探求していることを歓迎する。

Increasing global support for relevant international humanitarian and emergency relief organizations, such as the UN High Commissioner for Refugees (UNHCR), the World Food Programme, and UN Children’s Rights and Emergency Relief Organization (UNICEF), is vital. We call for the adoption of wide-range and long-term strategies and instruments to tackle the root causes of the surge of economic migration and refugee flows. We recognize that there is a need for tools that assist countries in providing sustainable livelihoods for refugees and other displaced persons as well as their host communities, through financing and technical advice to support access to jobs, education, health services, and basic infrastructure. Along with other World Bank shareholders, we ask the World Bank to develop a new platform that expands its toolkit to assist countries hosting refugees. We also welcome that the European Investment Bank is exploring options to develop a long-term crisis response initiative in support of sustainable growth, vital infrastructure and social cohesion in the Mediterranean region and Africa.


移住のための合法なルートは,非正規の移住への対処と並行して,国内及び地域的枠組と整合的に強化される。G7 は,最大数の難民を受け入れている国に対する圧力を緩和するため,一時的な難民受入れ及び第三国定住制度の構築を奨励する。既存のイニシアティブによる貢献を認識し,第三国定住の機会及び他の形態による安全かつ法的な人道的受入れを拡大するための取組が継続されるべきである。我々は,受入れコミュニティの安定及び繁栄並びに帰還後における母国の復興に貢献する将来の資産として難民の能力を強化するため,難民のための教育及び雇用の機会の創出につき,前線にある国々を支援することにコミットする。

Legal channels for migration will be enhanced consistently with national and regional frameworks in tandem with addressing irregular migration. The G7 encourages the temporary admission of refugees and the establishment of resettlement schemes, to alleviate pressure on countries hosting the largest numbers of refugees. Recognizing the contribution made by existing initiatives, work to expand resettlement opportunities and other forms of safe and legal humanitarian admission for refugees should continue.We commit to assist the front-line states in creating education and employment opportunities for refugees in order to empower them as future assets contributing to the stability and prosperity of host communities and the reconstruction of home countries after their return.


G7 は,難民の地位に関する条約及び同議定書の中核的原則を促進すること及び迫害から逃れる者に対して逃避先を提供することを通じ,国際的保護のアプローチを強化することを支持する。しかしながら,保護の枠組みは正当な難民・移民の審査を免れるために使われてはならないことも明らかである。これらの目的のため,迫害から逃れる個人は,最初に入国した安全な国において 効果的な保護を与えられるべきであり,政府は,難民並びに受入れ国及びコミュニティに対し国際
的な人道支援及び開発援助を提供することと併せて,安全で秩序ある第三国定住プロセスの機会を提供するべきである。

The G7 supports the strengthening of the international protection approaches through promoting the core principles of the Convention Relating to the Status of Refugees and its Protocol, and by providing safe haven for those fleeing persecution. It is also clear, however, that protection frameworks should not be used to bypass legitimate immigration assessment. To these ends, individuals fleeing persecution should be granted effective protection in the first safe country they enter, and governments should provide opportunities for safe and orderly resettlement processes as well as provide international humanitarian and development assistance for refugees, host countries and communities.


同時に,我々は,難民の地位に関する条約及び同議定書に基づくものを含む,国際的保護の対象でない移民の安全な,かつ尊厳ある帰還及び再統合を円滑化するため,出身国及び中継国との協力を奨励する。我々は,移民の密入国及び現代の奴隷制と闘うこと並びに出身国,中継国及び目的国と共に人身取引の被害者を保護することを継続することを決意する。我々は,国連国際組織犯罪防止条約及びその議定書をはじめとする関連する国際文書の締結及び完全な実施を呼びかける。

At the same time, we encourage cooperation with countries of origin and transit to facilitate the safe and dignified return and reintegration of migrants who are not eligible for international protection, including under the Convention Relating to the Status of Refugees and its Protocol. We are determined to continue to fight migrant smuggling and modern slavery, and protect victims of trafficking together with countries of origin, transit and destination. We call for the conclusion and full implementation of the relevant international instruments, such as the UN Convention against Transnational Organized Crime and its Protocols.


さらに,我々は,人道危機に対応するための国際システムの長期的な能力及び有効性を強化する国連主導の取組を支持する。そのような国際システムは,

(i)人道的支援のための資源を増加すること,

(ii)強じん性及び防災に投資すること並びに避難民問題の恒久的解決を追求することにより,人道援助への依存を低減すること,

(iii)資金ベースを拡大すること,

(iv)人道支援提供システムへのアクセス,その効率及び効果を高めることを含む。

我々はまた,人権侵害を含む,避難民問題の根本原因に対処することの重要性を改めて表明する。G7 は,シリアを含む出身国での持続可能な政治的解決のみが,難民を含む強制的な避難民の問題に対する永続的解決をもたらすことを想起する。我々は,世界人道サミットを歓迎し,また,9 月にニューヨークで行われる国連総会での「難民及び移民の大規模な移動に関するハイレベル会合」及び「難民に関するハイレベル・サミット」に期待する。


Further, we support UN-led efforts to strengthen the long-term capacity and effectiveness of the international system to respond to humanitarian crises, which includes:

(i) increasing resources for humanitarian assistance,

(ii) reducing reliance on humanitarian aid by investing in resilience and disaster risk reduction, and by seeking durable solutions to displacement;

(iii) broadening the resource base; as well as

(iv) enhancing access, efficiency and effectiveness of humanitarian aid delivery systems. We also reiterate the importance of addressing the root causes of displacement,including human rights violations.
The G7 recalls that only sustainable political settlements within countries of origin, including Syria,will bring lasting solutions to the problem of forced displacement, including refugees.We welcome the World Humanitarian Summit and look forward to the UN General Assembly Summit on Addressing Large Movements of Refugees and Migrants and the Leaders’ Summit on Refugees in New York in September.