jirikihongan-kaiun blog

国家公務員総合職・外務省専門職受験へのハードルを 少しでも下げたり、英語 や 多言語化に取り組みたい人へ大きな助けになるブログを目指します。

【外務専門職】 伊勢志摩サミット宣言文(8)

広告

日本は、腐敗対策出来ているのでしょうか?事実関係は掴めていませんが、縁故で政策を決定しているのであれば それは腐敗ではないでしょうか?内閣官房制度を創設しましたが、政府と官僚との間で 良い意味での緊張感が無ければ こういった制度は止めてしまってもよいと思います。

問い)

腐敗対策
腐敗は,我々の共通の価値,とりわけ法の支配,民主主義及び公正な競争に根本的に反する。我々は,腐敗と戦うための我々の集団的及び個別的行動は,経済成長,持続可能な開発並びに平和及び安全の維持にとり決定的に重要であることを改めて表明する。我々は,世界的な腐敗の問題の重大さを認識しつつ,腐敗と戦うとの我々の新たなコミットメントを明示し,また,世界の至る所で透明性を確保する,附属書に掲げる「腐敗と戦うための G7 の行動」を支持する。我々は,国連腐敗防止条約(UNCAC)及び OECD 外国公務員贈賄防止条約そのようなその他の重要な国際文書の効果的な実施を促進し,また,個別のレビュー・メカニズムへの完全な参加を促進する。

Anti-Corruption
Corruption is fundamentally contrary to our common values, in particular, the rule of law, democracy and fair competition. We reiterate that our collective and individual action to fight corruption is critical for economic growth, sustainable development and maintaining peace and security. Recognizing the magnitude of the global problem of corruption, we endorse the G7 Action to Fight Corruption, as set out in the Annex, which demonstrates our renewed commitment to fight corruption and ensure transparency worldwide. We will promote the effective implementation of the UN Convention Against Corruption (UNCAC), as well as other key international instruments such as the OECD Anti-Bribery
Convention and will promote full participation in their respective review mechanisms.

 
我々は,国際社会における腐敗対策の行動並びにオープン・ガバメント・パートナーシップ,採取産業透明性イニシアティブ(EITI)及び国連グローバル・コンパクトのような価値あるイニシアティブを活性化するために英国が 5 月に主催した腐敗対策サミットによって創り出された成果及びモメンタムを歓迎する。我々は,国際的な腐敗対策のアジェンダを,他の国際場裡におけるものも含め,前進させるに際して自ら模範を示すことにコミットする。

We welcome the outcomes and the momentum created by the Anti-Corruption Summit hosted by the United Kingdom in May to galvanize action against corruption in the international community, as well as valuable initiatives such as the Open Government Partnership, the Extractives Industries Transparency Initiative (EITI), and the UN Global Compact. We commit to lead by example in moving the global anti-corruption agenda forward including in other international fora.

 
外交政策 テロ及び暴力的過激主義対策 

我々は,あらゆる形態のテロを強く非難する。市民及びその他の犠牲者を対象とし,ISIL/Dae’sh,アル・カーイダ及びその他のテロ組織によって行われる攻撃,残虐行為及び人権侵害は,平和と国際の安全並びに全人類に共通の価値及び原則に対して深刻な脅威をもたらす。我々は,特に,アクセスが開かれていて警備上の防壁が限られるがゆえにぜい弱な場所並びに文化的財産を狙ったテロ攻撃の増加について,深刻な懸念をもって留意する。インターネット及びソーシャル・メディアは,テロリストの勧誘やテロ資金の調達及びテロ攻撃の計画や調整のような,テロ,暴力的過激主義及びその他の犯罪目的のために世界中で悪用されている。

Foreign Policy Countering Terrorism and Violent Extremism
We strongly condemn terrorism in all forms and manifestations. The attacks, atrocities and abuses of human rights targeting civilians and other victims perpetrated by ISIL/Da’esh, Al Qaeda and other terrorist organizations pose serious challenges to peace and international security, as well as to common values and principles for all humanity. We take note, with grave concern, of the growing number of terror attacks, especially those aimed at vulnerable sites due to their open access and limited security barriers as well as cultural property. The Internet and social media have been exploited throughout the world for terrorist, violent extremist and other criminal purposes, such as terrorist recruiting and financing, attack planning and coordination. 

 

航空保安もまた,全ての国に対し,テロの脅威に対応するために発展し得る,適切かつ持続可能な安全措置の実施を確保することが求められる世界的な課題である。
我々は,世界的な安全保障上のこの喫緊の脅威と闘うため,国際社会が共同の,かつ,協調された更なる取組を行うことが不可欠であることを改めて表明する。我々は,民間部門,市民社会及び コミュニティとの継続した協力及び「社会全体による」アプローチの重要性を強調する。

Aviation security is also a global challenge that requires all countries to ensure implementation of appropriate and sustainable security measures that can evolve to respond to the terrorist threat.We reiterate that it is essential for the international community to make further collective and coordinated efforts to fight this urgent global security threat. We stress the importance of continued cooperation with the private sector, civil society and communities and the “whole-of-society” approach.

我々は,世界的に,地域的に,二国間で,及び国内的に既に行われている集中的なテロ対策の取組を賞賛する。我々は,ギャップを埋め,そのような既存の取組を加速させることの重要性を強調するとともに,G7 は,世界的な発展の触媒として,国際的な人権上の義務を完全に遵守する形で国際社会と協力しつつ,テロ対策措置の効果的な実施の促進において主導的な役割を果たすことができることを再確認する。

We commend the intensive counterterrorism efforts that have already been made globally, regionally,bilaterally and domestically. We emphasize the importance of filling gaps and accelerating such existing efforts and reaffirm that the G7, as a catalyst for global progress, can play a leading role in promoting effective implementation of counterterrorism measures in cooperation with the international community in a manner fully compliant with international human rights obligations. 

 

我々は,外国人テロ戦闘員並びにテロ関連物資及び機材の流れを防止するため,引き続き協力する。我々は,仙台での G7 財務大臣中央銀行総裁会議の「テロ資金対策に関する G7 行動計画」において宣言されたとおり,テロ資金対策への我々のコミットメン
トを改めて明言する。テロ集団への身代金の支払いは,彼らのリクルートに向けた活動を支え,また,テロ攻撃を組織し,実行する彼らの作戦能力及び将来的な身代金目的の誘拐事件に対するインセンティブを強める収入源の一つであり,それによって我々の国民に対するリスクが増大している。我々は,身代金を支払わず,我々の国民の生命を守り,かつ,関連の国際条約に従ってテロ集団の生存及び繁栄を可能とする資金を得る機会を減少させるという我々の決意を改めて明確に表明し,全ての国に対し,そのようにするよう求める。我々は,暴力及び憎悪の連鎖を断ち,かつ,暴力的過激主義の発生及び蔓延を防止するため,意見,文化及び信仰の相違がどこに存在しようとも,平和的共存,多様性の尊重,寛容性及び包摂的な対話を促進することにコミットする。この点に関し,我々は,「暴力過激主義防止のための国連事務総長行動計画」を歓迎し,その実施を呼びかけ,及び真の国連全体によるアプローチを実践する力強い国連の指導モデルを支持する。

We continue to work together to prevent the flow of foreign terrorist fighters and terrorism-related materials and equipment. We reassert our commitment to countering terrorist financing as declared in the G7 Action Plan on Combatting the Financing of Terrorism at the G7 Finance Ministers and Central Bank Governors’ meeting in Sendai.The payment of ransoms to terrorist groups is one of the sources of income which supports their
recruitment efforts, strengthens their operational capability to organize and carry out terrorist attacks,and incentivizes future incidents of kidnapping for ransom, thereby increasing the risks to our nationals. We unequivocally reiterate our resolve not to pay ransoms to terrorists, to protect the lives of our nationals and, in accordance with relevant international conventions, to reduce terrorist groups’ access to the funding that allows them to survive and thrive, and call on all states to do so.


我々はまた,地元コミュニティ,特に女性及び若者の役割並びに教育及び対話によることを含む,他の意見を表明させる力の強化の重要性を強調する。我々はまた,テロ及び暴力的過激主義対策のための能力構築を必要としている国に対する支援のための連携強化にコミットする。これらの原則を具体的な行動に移すことを決意しつつ,我々は,添付の「テロ及び暴力的過激主義対策に関する G7 行動計画」に記載されている行動をとることにコミットする。我々は,関連する国連安全保障理事会決議の実施を支持し,情報共有を促進し,国境警備を強化し,航空保安を向上させ,テロ資金対策を講じ,文化財の密輸入と闘い,暴力的過激主義を防止し,及びこれに対抗し,民間部門との我々の関与を強化し,並びに我々の能力構築支援を更に連携させるために取り組むことにコミットする。我々は,同行動計画の実施を定期的に評価することにコミットする。

We commit to promote peaceful co-existence wherever differences of opinion, culture and faith exist,respect for diversity, tolerance, and inclusive dialogue in order to break the vicious cycle of violence and hatred and to prevent the emergence and spread of violent extremism. In this regard, we welcome the UNSG’s Plan of Action to Prevent Violent Extremism, call for its implementation and support a strong model of UN leadership which will deliver a genuinely whole-of-UN approach. We also stress the importance of the role of local communities, especially women and youth, as well as empowerment of alternative voices including through education and dialogue.We also commit to enhance our coordination to support countries in need of building their capacity on countering terrorism and violent extremism.Committing ourselves to translate these principles into concrete action, we commit to take actions as set out in the Annex, the G7 Action Plan on Countering Terrorism and Violent Extremism. We commit to work to support the implementation of relevant UN Security Council resolutions, to bolster information sharing, to strengthen border security, to improve aviation security, to counter terrorist
financing, to fight against trafficking of cultural properties, to prevent and counter violent extremism,to step up our engagement with the private sector and to further coordinate our capacity building assistance. We commit to regularly take stock of the implementation of the Action Plan.