jirikihongan-kaiun blog

国家公務員総合職・外務省専門職受験へのハードルを 少しでも下げたり、英語 や 多言語化に取り組みたい人へ大きな助けになるブログを目指します。

【国家総合職・外務専門職】 RC(3)

広告

明日、奥さんのお友達が家に遊びに来て、女子会するので 追い出されてしまいます。大阪でも行って美味しいものを食べて癒されましょうかね。それともミート矢澤へ行って並ぶか、ヒッコリーでご飯を食べるか 悩みどころです。それとも サイクリングと温泉へ行くか。選択肢が増えると判断に迷いますね。多分、サイクリングと温泉に落ち着くと思います。最近、あまり街中へ行くよりも自然に触れ合うことの方がそちらを取りますね。

問い)

Japanese Prime Minister Shinzo Abe's ruling coalition on Thursday morning pushed through a controversial bill aimed at preventing terrorism and other serious crimes, despite fears it could undercut the civil liberties the nation has enjoyed since the end of World War II.

"This law is absolutely necessary for the safety of our country," Justice Minister Katsutoshi Kaneda said after the passage of the bill. The enactment follows a spate of terrorist attacks in the U.K. this year, sparking concern about Islamist extremism around the globe.

But Abe's move has also triggered nervous talk of Japan sliding back toward the dark prewar era, when activists and labor unionists were arrested in the name of "public safety" under the notorious Peace Preservation Law of 1925.

The new law grants authorities broad surveillance powers and appears to upend the traditional principle that a crime is only punishable once it has been committed.

Tobias Harris, Japan analyst at Teneo Intelligence, does not see the bill as an attempt to revert to prewar conditions. He argues it is an effort to build a "21st-century security state on par with those in the U.S., the U.K. and elsewhere."

和訳)

安倍晋三首相の連立与党は木曜日(15日)の朝、国民が第2次世界大戦後に享受してきた人権を損ないかねないとの懸念にもかかわらず、テロやその他の重大犯罪を防ぐために異論の多い法案を強引に通過させた。
金田勝年法相は法案の成立後に「この法は我が国の安全にとって絶対に必要だ」と述べた。この法の制定は、今年英国でテロ攻撃が相次ぎ、世界中でイスラム過激派への懸念を引き起こしているタイミングで行われた。
 だが、安倍氏の動きは、悪名高い1925年の治安維持法に基づき、「市民の安全」という名目で活動家や労働組合員が逮捕された暗い戦前の時代に戻るのではないかと不安視する観測も誘発している。
 新たな法は当局に幅広い監視権限を与え、罪は犯されてしか処罰できないという従来の原則を覆すように思われる。
 テネオ・インテリジェンスの日本担当アナリスト、トバイアス・ハリス氏はこの法案を戦前の状態に戻す試みとはみていない。これは「米英や他の国と同じ21世紀の安全国家」をつくる取り組みだと主張する。