jirikihongan-kaiun blog

国家公務員総合職・外務省専門職受験へのハードルを 少しでも下げたり、英語 や 多言語化に取り組みたい人へ大きな助けになるブログを目指します。

【外務専門職】 伊勢志摩サミット宣言文(5)

広告

GW明けから、自転車通勤を始めました。何が一番いいかは、エネルギー効率です。73kgのお荷物を7kg弱の自転車で運ぶことです。自然・産業・人に三方良しになるように続けたいと思います。

三方よしを世界に広める会

問い)

インフラ
インフラ投資の世界的な需給ギャップは,雇用創出を含む現在の成長及び世界が直面している開発課題にとって深刻なボトルネックである。量的な面での効果的な資金の動員が不可欠であることを認識しつつ,我々は,質的な側面を欠いた投資は,より高額のライフサイクルコスト,より低い耐久性,不公平な分配効果,大きな負の環境的及び社会的影響並びに自然災害及び気候変動による影響に対するぜい弱性を有するインフラを導入する結果となり得ることを強調する。

Infrastructure
The global demand-supply gap of infrastructure investment is a serious bottleneck to the current growth including job creation and development challenges the world faces. While recognizing that effective mobilization of resources in quantity is imperative, we highlight that investment without the quality perspective could end up introducing infrastructure with higher lifecycle costs, less durability,inequitable distributive effects, highly negative environmental and social impacts, vulnerability against natural disasters and the impacts of climate change.

 

したがって,我々は,生産性の向上に対する重要な貢献を伴って,強固で,持続可能な,かつ,均衡ある成長を促進し,我々の社会における強じん性を向上させるとともに,2030 アジェンダ,パリ協定及びアディスアベバ行動目標において特定されているものを含む開発課題に対処することにより,持続可能な開発を前進させるための世界的な取組に貢献するため,政府,国際機関及び民間部門を含むステークホルダーが,質の高いインフラ投資の推進を通じて現存するギャップを埋めるために一貫して取り組むことが極めて重要であることを再確認する。

We therefore reaffirm the crucial importance for stakeholders, including governments, international organizations and the private sector, to work coherently to bridge the existing gaps by promoting quality infrastructure investment,
so as to promote strong, sustainable, and balanced growth, with an important contribution to productivity gains, and to enhance resilience in our society, as well as to contribute to the global efforts to advance sustainable development by addressing development challenges including those identified in the 2030 Agenda, the Paris Agreement and the Addis Ababa Action Agenda.


そのような質の高いインフラ投資を推進するため,我々は,附属書に規定されたとおり,我々自身のインフラ投資を,「質の高いインフラ投資の推進のための G7 伊勢志摩原則」に沿ったものとするよう努める。我々は,さらに,関連するステークホルダー,具体的には政府,MDBs を含む国際機関及び民間部門に対し,PPP プロジェクトのように,価格に見合った価値及びインフラの質を完全に考慮した,透明性があり,競争的な調達手続の導入及び促進を含め,インフラ投資及び支援を同原則に沿ったものにすることを奨励する。


To promote such quality infrastructure investment, we strive to align our own infrastructure investment with the G7 Ise-Shima Principles for Promoting Quality Infrastructure Investment, as set out in the Annex. We further encourage the relevant stakeholders, namely governments, international organizations, including MDBs, and the private sector, such as in PPP projects, to align their infrastructure investment and assistance with the Principles, including the introduction and promotion of a transparent, competitive procurement process that takes full account of value for money and quality of infrastructure.

保健
我々は,個人のみならず国家にとっても,保健が繁栄及び安全保障の基盤であることを強調する。2030 アジェンダの歴史的な採択が行われた後初の G7サミットであるこの節目において,我々は,全ての段階における健康的な生活及び全ての個人のための健康安全保障を確保し,かつ,国家の包摂的な経済成長を促進する,そこに盛り込まれた保健関連の持続可能な開発目標(SDGs)を実施することに完全にコミットしている。この点において,我々のリーダーシップがかつてないほどに必要とされている。UHC は,全ての保健目標を支える包括的な枠組みを提供する。UHC を達成するため,保健システムは,強固で,強じんで,持続可能であり,かつ,その対象となる人々の現
在及び将来のニーズに応えるものであることが必要である。このことは,女性,子供及び青少年の精神的及び身体的な健康を促進すること,いかなる種類の差別もなく,性と生殖に関する健康及び権利を確保すること並びに栄養不良及び環境的な要因及び高齢化によるものを含む感染症及び非感染性疾患に対処することを含むが,これらに限定されない。

Health
We highlight that health is the foundation of prosperity and security not only for individuals but also for nations. At the juncture of the first G7 summit after the historic adoption of the 2030 Agenda, we are fully committed to implementing the health-related Sustainable Development Goals (SDGs) therein that ensure well-being at all stages and health security for all individuals, and foster inclusive economic growth for nations. Our leadership is needed more than ever in this regard. UHC provides a comprehensive framework that underpins all of the health targets. To achieve UHC, health systems
need to be strong, resilient, sustainable and responsive to the current and future needs of the populations they serve. This includes, but is not limited to, promoting women’s, children’s, and adolescents’ mental and physical health, ensuring sexual and reproductive health and rights without discrimination of any kind, and addressing malnutrition as well as communicable and non-communicable diseases, including those due to environmental factors and ageing.

 

我々は特に,「健康危機に対する世界的な対応に関する国連ハイレベルパネル」による取組を含め,世界中の広範囲の専門家から提供された知見を通じて,エボラ出血熱の流行から教訓を学びつつ,保健システムが,強じんであり,かつ,パンデミックその他の深刻な事態のような地球規模の公衆衛生上の脅威に対応し,より良く備え,及びこれを予防する能力を備える必要があることを認識する。

Learning lessons from the Ebola outbreak, especially through the wisdom offered by a wide-range of experts across the globe, including the work of the UN High-Level Panel on the Global Response to Health Crises, we recognize that health systems need to be resilient and have the capacity to respond to, better prepare for and prevent global public health threats such as pandemics and other severe events. Prompt and effective responses to public health emergencies will also require World

 

公衆衛生上の緊急事態に対する迅速かつ効果的な対応はまた,世界保健機関(WHO)改革,迅速な対応のための速やかな拠出を可能にする資金調達メカニズム,関連するステークホルダー及びシステムの間における行動の協調的な実施並びに国際保健規則(IHR)のより良い実施を必要とする。我々は,UHC に向けた取組や成果,保健システム強化(HSS)並びに公衆衛生上の緊急事態に対する準備や対応が,AMR によりもたらされる重大な脅威によって,更に危機にさらされていることに留意する。我々はまた,これらのほか,顧みられない熱帯病及び貧困に起因する感染症並びに高齢化に関連する状態のような保健分野において,既存の治療法を維持・展開し,また,新たな治療法を発見するための R&D 及びイノベーションの重要性及び貢献を認識する。これらの点を念頭に,我々は,別添に示されているとおり,「国際保健のための G7 伊勢志摩ビジョン」に詳述されている以下の分野において,具体的な行動をとることに特にコミットする。我々はまた,我々の保健大臣に対し,9 月の神戸での会合において,これらの分野に関して必要な行動につき更に詳しく検討するよう指示する。


Health Organization (WHO) reforms, funding mechanisms that enable speedy disbursement for prompt response, coordinated implementation of action among relevant stakeholders and systems, and better implementation of the International Health Regulations (IHR).We note that the efforts and achievements toward UHC, health system strengthening (HSS) and preparing and responding to public health emergencies are further jeopardized by the significant threat posed by AMR. We also acknowledge the importance and contribution of R&D and innovation to preserve and deploy existing remedies, and to discover new remedies for these and other health areas, such as neglected tropical diseases and poverty related infectious diseases as well as
conditions related to ageing.
With these in mind, we particularly commit to take concrete actions in the following areas as elaborated in the G7 Ise-Shima Vision for Global Health, as set out in the Annex. We also instruct our Health Ministers to further elaborate necessary actions on these areas at their Meeting in Kobe in September.


公衆衛生上の緊急事態への対応強化のためのグローバル・ヘルス・アーキテクチャー(国際保健の枠組み)の強化
エボラ出血熱の流行が大規模流行となった原因の一部として,関係するステークホルダー間の迅速かつ協調した行動の欠如があったことを認識し,我々は,既存の組織を強化することにより,グローバル・ヘルス・アーキテクチャーの強化を主導することにコミットする。我々は,公衆衛生上の緊急事態に対する,より迅速で,効果的かつ協調的な対応を可能にし,また,支援するための,当該アーキテクチャーにおける WHO の中心的な役割を再確認する。この観点から,我々は,WHO 本部,地域事務局及び国別事務所の3つのレベルを通じて「One WHO」アプローチをとることを含め,適時に,及びその必要な資源を認識しつつ,WHO が緊急及び広範な改革を実施することを強く求め,かつ,支持する。我々はまた,公衆衛生上の緊急事態に対する適切な対応を確保するため,十分な,責任ある,かつ,適時の資金拠出が極めて重要であることを強調する。

Reinforcing of the Global Health Architecture to strengthen response to public health emergencies Recognizing the Ebola outbreak turned into a major epidemic partly due to the lack of swift and coordinated actions among relevant stakeholders, we commit to take leadership in reinforcing the Global Health Architecture, relying on strengthening existing organizations. We reaffirm the WHO’s central role in that architecture to enable and support more swift, effective and coordinated responses to public health emergencies. In this light, we urge and support the WHO to implement its emergency and wider reforms, including its One WHO approach across the three levels of the Organization, namely its headquarters, regional and country offices, in a timely manner,recognizing its resource needs. We also highlight the vital importance of adequate, responsible and timely disbursement of financial resources to ensure appropriate response to public health
emergencies.

 

 

この関連で,我々は,国際社会に対し,WHO による迅速な初動対応を可能にするた
め,緊急対応基金(CFE)を支援することを要請する。さらに,各国政府,多国間機関及び NGO による緊急対応を支援するため,我々は,パンデミック緊急ファシリティ(PEF)の立上げに関する世界銀行による公式発表を歓迎するとともに,G7 メンバー国を含む国際社会に対し,この目的のために技術的及び資金的な貢献を行うことを招請する。我々は,また,関連する国際機関に対し,PEF と,CFE を含む他の関連する資金調達メカニズムとの間の調整を確保することを求める。我々は,特に感染症における WHO の中心的役割並びに感染症の流行が小規模から大規模に発展し,公衆衛生上の緊急事態に至るまでの期間全体を通じて,WHO が,特に国際連合人道問題調整事務所(OCHA)のような既存の調整機構を活用しながら,継続性があり,予測可能で,迅速
かつ効率的な対応の必要性を考慮し,大規模な感染症の流行や公衆衛生上の緊急事態において関係するパートナー間の調整を主導する取組を加速していることにつき,賞賛する。我々は,WHO及びOCHAに対し,国連事務総長(UNSG)の下で,WHO,国連及び他の関係するパートナー間における連携のためのアレンジメントを検証し,強化し,及び公式化すること並びに G7 保健大臣に対してその進捗について 9 月に報告することを招請する。エボラ出血熱及びジカウイルス感染症の最近の流行は,自然発生的,故意的又は偶発的なものであるかどうかを問わず,公衆衛生上の緊急事態の予防,検知及び対応を向上させることが不可欠であることを浮き彫りにしている。その観点から,我々は,世界健康安全保障アジェンダ(GHSA)を通じて行うことを含め,WHO の IHR 目標の遵守を進展させることに引き続きコミットしている。

In this connection, we call on the international community to support the Contingency Fund for Emergency (CFE) to enable swift initial responses by the WHO. Further, to support a surge response by governments, multilateral agencies and NGOs, we welcome the World Bank’s formal announcement of launching the Pandemic Emergency Financing Facility (PEF), and invite the international community including G7 members to extend technical support and financial contributions to this end. We also call upon relevant international organizations to ensure coordination among the PEF and their related funding mechanisms including the CFE.We commend the WHO for accelerating efforts to lead coordination among relevant partners in large-scale outbreaks and public health emergencies, considering its central role particularly in infectious diseases and the need for continuous, predictable, rapid and efficient response throughout the development of outbreaks from small- to large-scale and into public health emergencies, leveraging existing coordination structures, particularly the UN Office for the Coordination of Humanitarian Affairs (OCHA). We invite the WHO and OCHA under the UN Secretary General (UNSG) to review, strengthen and formalize coordination arrangement among the WHO, the UN and other relevant partners, and to update the G7 Health Ministers on the progress in September.
Recent outbreaks of Ebola and Zika underscore the imperative to improve prevention of, detection of and response to public health emergencies, whether naturally occurring, deliberate or accidental. In that respect, we remain committed to advancing compliance with the WHO’s IHR objectives including through the Global Health Security Agenda (GHSA). 

 

我々は,76 の国及び地域に対し具体的な支援を提供するための協調的なアプローチに対する我々の支援並びに WHO 及び他の関連する機関との緊密な協調に基づき,国家計画策定に関するこれらのパートナーへの支援を新たにする。我々は,各国の IHR コア能力の強化についての主要な責任は各国にあること認識しつつ,これらのパートナーが,国連食糧農業機関(FAO)や国際獣疫事務局(OIE)などの他の機関とのパートナーシップにより, WHO によって発表され合同外部評価(JEE)の共通で測定可能な目標を達成するよう支援することを意図する。我々は,また,そのような評価を我々のパートナーと共有し,支援し,及び行うことにコミットする。IHR の実施を強化するため,及び,新健康危機プログラムの実施に即して,我々は,WHO に対し,国際危機管理能力・警戒・対処部門及びそのリヨン事務所などの既存の組織並びに「世界健康安全保障の国別評価のためのアライアンス」による新たな取組を基礎とすることを奨励する。我々は,パンデミックに対する備え及びその予防を強化するために,関連する国際機関の資金を動員することの重要性を認識し,国際開発協会など,世界銀行を含むそれらの機関との間でこの問題について協議することを期待する。

We renew our support to a coordinated approach to offer concrete assistance to 76 countries and regions and support to these partners to develop national plans in close coordination with the WHO and other relevant organizations. Recognizing the primary responsibility of countries to strengthen their IHR core capacities, we intend to assist these partners to achieve the common and measurable targets of the Joint External Evaluation (JEE) tool published by the WHO and in partnership with other organizations such as the Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) and the
World Organization for Animal Health (OIE). We also commit to support, undergo, and share such evaluations with our partners. In order to scale up the implementation of the IHR and in line with its implementation of the new Health Emergencies Program, we encourage the WHO to consider building on already existing structures, such as the Department of Global Capacities, Alert and Response and its Lyon office, and the emerging work of the Alliance for Country Assessment for Global Health Security. We recognize the importance of mobilizing financial resources of the relevant international organizations for strengthening preparedness for and prevention of pandemics, and
look forward to discussing on the matter with those organizations, including the World Bank such as International Development Association.