jirikihongan-kaiun blog

国家公務員総合職・外務省専門職受験へのハードルを 少しでも下げたり、英語 や 多言語化に取り組みたい人へ大きな助けになるブログを目指します。

【国家総合職・海外大学院】TOEFL対策(GMAT/RC) (22)

広告

昨日に引き続き、車のことについて書きます。超私見ですが 乗用車は、エンジン  商用車(バス、トラック、キャリア)は、電気自動車に2極化すると思います。結局のところ、用途による違いです。乗用車は、個人が運転を楽しむための部分が必ず残ります。人類は、火を起こせるようになってから、火をいかに自分でコントロール出来るのかを追求してきたと思います。電気で動く 味気ないクーラーより お金と時間と土地があれば、暖炉を持って、揺れる焔を見る方が風流ですよね。同じ様に エンジンと言う小型の内燃機関で焔を管理して 自動車を運転する喜びは 早々消えるような気がしません。また、競技用の自転車やフォーミュラマシンでは無いので、カーボンや樹脂よりも車の質感が良い鉄の方を好むのではと考えます。自動車会社トップの発言にも見られるように ライバルが、スマートフォンと言うことは、乗用車が生活必需品から嗜好品に変容してきている流れだと思います。むしろ、人や物を運搬する商用車の方が 電気自動車⇒自動運転化される可能性が高く感じます。たんに 人や物を運ぶ手段なので 外面的な質感などは関係ないです。ただ、電気をコントロールする白金(プラチナ)に代わる人口化学物質ができない限り ブレークスルーは難しく考えます。

問い)

 When A. Philip Randolph assumed the leadership of the Brotherhood of Sleeping Car Porters, he began a ten-year battle to win recognition from the Pullman Company, the largest private employment of Black people in the United States and the company that controlled the railroad industry’s sleeping car and parlor service. In 1935 the Brotherhood become the first Black union recognized by a major cooperation. Randolph’s effort in the battle helped transform the attitude of Black workers toward unions and toward themselves as an identifiable group; eventually, Randolph helped to weaken organized labor’s antagonism toward Black workers
 In the Pullman contest Randolph faced formidable obstacles. The first was Black workers’ understandable skepticism toward unions, which had historically barred Black workers from membership. An additional obstacle was the union that Pullman itself had formed, which weakened support among Black workers for an independent entity.
The brotherhood possessed a number of advantages, however, including Randolph’s tactical abilities. In 1928 he took the bold step of threatening a strike against Pullman. Such a threat, on a national scale, under Black leadership, helped replace the stereotype of the Black worker as servant with the image of the Black worker as servant with the image of the Black worker as wage earner. In addition, the porters’ very isolation aided the Brotherhood. Porters were scattered throughout the country, sleeping in dormitories in Black communities; their segregated life protected the union’s internal communications from interception. That the porters were a homogenous group working for a single employer with a single labor policy, thus sharing the same grievances from city to city, also strengthened the Brotherhood and encouraged racial identity and solidarity as well. But it was only in the early 1930’s that federal legislation prohibiting a company from maintaining its own unions with company money eventually allowed the Brotherhood to become recognized as the porters’ representative.
Not content with this triumph .Randolph brought the Brotherhood into American Federation of Labor, where it became the equal of the Federation’s 105 other unions. He reasoned that as a member union, the Brotherhood would be in a better position to exert pressure on member unions that practiced race restrictions. Such restrictions were eventually found unconstitutional in 1944.

Google  翻訳)

A. Philip RandolphがSleeping Car Portersのリーダーシップを取ったとき、彼は米国で黒人の最大の民間雇用であるPullman Companyと鉄道産業を支配する会社からの認知を得るために10年間の戦いに着手しました寝る車とパーラーサービス。 1935年、大統領夫人は主要な協力によって認められた最初の黒人組合になりました。ランドルフの戦闘での努力は、黒人労働者の労働組合への態度を変え、識別可能なグループとして自分自身に向かった。最終的に、ランドルフは組織労働者の黒人労働者への敵対を弱める助けとなった
 プルマンのコンテストでランドルフは大きな障害に直面した。最初は、黒人労働者がメンバーシップから歴史的に禁止されていた組合に対する黒人労働者の理解可能な懐疑論でした。もうひとつの障害はプルマン自身が形成した組合であり、独立した存在のために黒人労働者の支持を弱めた。
 しかし、兄弟姉妹には、ランドルフの戦術的能力を含む多くの利点がありました。 1928年、彼はプルマンに対するストライキを脅かす大胆な一歩を踏み出した。このような脅威は、ブラック・リーダーシップの下で全国的規模で黒人労働者のステレオタイプを、従業員としての黒人労働者のイメージを賃金労働者としての黒人労働者のイメージで置き換えるのに役立った。加えて、ポーターの非常に孤立したことは、ブラザーフッドを助けました。ポーターは全国に散在し、ブラックコミュニティの寮で眠っていた。彼らの分離された人生は、組合の社内コミュニケーションを傍受から保護した。ポーターは単一の労働政策を持つ単一の雇用者のために働く均質なグループであり、市から都市への同じ苦情を共有し、兄弟姉妹を強化し、人種のアイデンティティと連帯を奨励しました。しかし、1930年代初めには、企業が会社の金を使って独自の組合を維持することを禁じた連邦法が、結局、Brotherhoodをポーターの代表として認められるようになったのです。
 この勝利に満足していない.Randolphは、連邦準備制度の105の他の組合と同等になったアメリカ労働連合にBrotherhoodをもたらした。彼は、加盟組合として、兄弟姉妹は、競争制限を実施した加盟組合に圧力をかけるためのより良い立場にあると推論した。このような規制は、結局1944年に違憲とされた。