読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jirikihongan-kaiun blog

国家公務員総合職・外務省専門職受験へのハードルを 少しでも下げたり、英語 や 多言語化に取り組みたい人へ大きな助けになるブログを目指します。

【国家総合職・海外大学院】TOEFL対策(GMAT/RC) (9)(作成中)

広告

 家を建てる時に考えたことを書きます。住宅ローンの設定です。明日以降書きますが、妻の「木の家がいい」の泣きの一言で  もともとの予算の1.5倍となってしまいました。もともと、著名ブロガーさんが言っていた先の見通せる10年ローン対応にしようと目論んでいましたが、結果10年延びて20年ローンになりました。

 ただ、これはこれで良いと思っています。理想は、10年ローンですが みなさん生きていくために 年金が受給出来る年齢まで 20~35年 職場は変わるかもしれませんが働き続けますよね。であれば、20~35年の長期ローンもありだなと思いました。おまけに10年間 年間40万円を上限に住宅ローン減税でお金が戻ってきます。金利もマイナス金利政策により、1%以下と言う10年前では考えられない超低金利です。

 私が  今考えているのは  20年で借りておいて実際は繰り上げ返済で10~15年で返すプランです。10年固定金利で借りているために 金利の状況を見てそのまま借り続けるのかどうかを決めようと考えています。

問い)

In the two decades between 1910 and 1930, over ten percent of Black population of the United States left the south, where the preponderance of Black population had been located, and migrated to northern states, with the largest number moving, it is claimed, between 1916 and 1918. It has been frequently assumed, but not proved, that the majority of the migrants in what has come to be called the Great Migration came from rural areas and were motivated by two concurrent factors: the collapse of the cotton industry following the boll weevil infestation, which began in 1898, and increased demand in the North for labor following the cessation for European immigration caused by the outbreak of the First World War in 1914. This assumption has led to the conclusion that the migrants’ subsequent lack of economic mobility in the North is tied to rural background, a background that implies unfamiliarity with urban living and a lack of industrial skills.

Google翻訳(日)) 

1910年から1930年までの20年間で、米国の黒人人口の10%以上が黒人人口の優位を占めていた南部を離れ、北部の州に移住した。 1916年と1918年には、移住者の大半が農村部から来て、2つの並行した要因によって動機づけられたことが頻繁に推測されている。 1998年の第一次世界大戦の発生によるヨーロッパ移民の休止に伴う労働需要の増加をもたらした。この仮定は、移住者のその後の経済的欠如 北部の移動性は農村の背景に結びついており、これは都市生活に慣れていないことを意味し、産業技術の欠如を暗示している。