jirikihongan-kaiun blog

国家公務員総合職・外務省専門職受験へのハードルを 少しでも下げたり、英語 や 多言語化に取り組みたい人へ大きな助けになるブログを目指します。

【国家総合職・海外大学院】TOEFL対策(GMAT/RC)①

広告

実家から、自分の両親が家に遊びに来ます。14時以降をベストに持っていくため、お散歩⇒昼寝⇒ランチ⇒授乳 の流れで今コンディションを仕上げている最中で、現在お昼寝中です。妻と自分の両親が、孫に対してここまで溺愛するとは、思いませんでした。特に妻の母は、妻の実家で育児をしている際に いちごとか、バナナを沢山あげているようです。妻が離乳食の食べ過ぎで幼少期は、太っていたので、同じ目に遭わせないように量を少なくするようにお願いすると、妻の母は、「だって、この子、いちごもの凄くおいしそうに食べるんだもん。」と言う反応がありました。たまに孫がデニムを履いて足が細いのを見ると「やせてるじゃん。もっと食べさせてもいいよね。」と言っていました。本当に有難いくらい溺愛して頂いています。

国家公務員総合職では、外部英語テストは加点されます。TOEFLだと80点以上獲得すると25点加点されます。入省後、公費での海外大学院への留学に繋げて頂ければと思います。

問い)

Caffeine, the stimulant in coffee, has been called "the most widely used psychoactive substance on Earth." Snyder, Daly, and Bruns have recently proposed that caffeine affects behavior by countering the activity in the human brain of a naturally occurring chemical called adenosine. Adenosine normally depresses neuron firing in many areas of the brain. It apparently does this by inhibiting the release of neurotransmitters, chemicals that carry nerve impulses from one neuron to the next. Like many other agents that affect neuron firing, adenosine must first bind to specific receptors on neuronal membranes. There are at least two classes of these receptors, which have been designated A1 and A2. Snyder et al propose that caffeine, which is structurally similar to adenosine, is able to bind to both types of receptors,which prevents adenosine from attaching there and allows the neurons to fire more readily than they otherwise world.

Google翻訳で翻訳したいと思います。

 コーヒーの覚せいさせる物質であるカフェインは、「地球上で最も広く使用されている精神活性物質」と呼ばれています。 Snyder、Daly、およびBrunsは最近、カフェインがアデノシンと呼ばれる天然に存在する化学物質のヒト脳における活性に対抗することによって行動に影響を及ぼすことを提案した。 アデノシンは、通常、脳の多くの領域でニューロンの発火を抑制する。 これは明らかに、神経伝達物質の放出を抑制することによってこれを行います。神経伝達物質は、あるニューロンから次のニューロンへ神経インパルスを運ぶ化学物質です。 ニューロンの発火に影響を与える多くの他の薬剤と同様に、アデノシンは最初にニューロン膜上の特異的受容体に結合しなければならない。 これらの受容体には少なくとも2つのクラスがあり、A1およびA2と命名されている。 Snyderらは、アデノシンと構造的に類似しているカフェインは、両方のタイプの受容体に結合することができ、アデノシンがそこに付着するのを防ぎ、そうでなければ世界よりも容易に発火させることを発表する。