jirikihongan-kaiun blog

国家公務員総合職・外務省専門職受験へのハードルを 少しでも下げたり、英語 や 多言語化に取り組みたい人へ大きな助けになるブログを目指します。

【国家総合職・外務専門職】和文英訳:金融関係者との対話

広告

週末は、息子を抱っこし続けて終わってしまいました。

今回も外国語 ( 日本語⇒英語 )のトレーニングです。下記の安倍首相のスピーチは、ウィットに富んで俊逸だと思います。関東・関西以外から、東京大学京都大学を目指す方(女性の社会進出推進のために特に女性の方)も和文英訳トレーニングにどうぞ。

下記英語を親和性の高い欧州系言語(独・仏・西)、ロシア語にGoogle翻訳で翻訳して多言語の勉強にもお役立てください。

 

平成28年9月21日 安倍総理と金融関係者との対話

安倍総理冒頭発言】
 安倍晋三です。マリオではありません。でも、マリオのように、闘い続けています。日本経済を加速させるために、闘っています。
 皆様、本日は、私から3点お伝えしたいと思います。1点目は「継続」。2点目が更なる「開放性」。そして3点目は「働き方改革」です。
 「継続」、「開放性」、「働き方改革」。これら3つから、私は何を伝えようとしているでしょうか。本年7月の選挙で、与党は、安定した政治基盤を国民の皆様からいただきました。国民の皆様の信任に応えることに、躊躇はありません。1にも、2にも、3にも、私にとって最大のチャレンジは、経済、経済、経済であります。それは、今後も変わることはありません。間違いありません。
 「継続」が、違いを生み出します。例えば、法人税実効税率は、私の政権下で、7%下がっています。コーポレートガバナンス・コード。2,000社を超える上場企業に適用され、8割の企業が複数の独立社外取締役を選任するようになっています。昨年は、まだ「実現しそうだった」段階のものが、1年後の現在は、既に現実のものとなっているのです。
 スチュワードシップ・コードも重要です。これは、コーポレートガバナンスと、一枚のコインの裏表の関係にあります。機関投資家は、責任をもって資金を管理、運用しなければなりません。
 それは何のためでしょう。それは、企業を成長させるためです。日本という国が成長し、より力強くなるためです。
 ここでお尋ねしますが、もし運用機関が大きな金融グループに属しており、そのグループが投資先と取引関係を持っていたとしたら、あなたは、自信をもって、自分のお金が健全に管理、運用されていると言えるでしょうか。利益相反があるかもしれないと疑うのではないでしょうか。あなたのお金が適切に運用されていると信じられるようにするため、来年、スチュワードシップ・コードに、新たな要素を盛り込みます。各機関投資家に第三者委員会などの仕組みを確立させ、受益者利益の最大化にかなう投資判断を確保させます。
 2点目は「開放性」です。申し上げます。日本は「開放性」を推進する立場です。貿易自由化を推進する立場です。そして投資の自由化を推進する立場です。例えば、一定の条件を満たせば、日本は世界最速級のスピードで永住権を獲得することができる国になります。現在、詳細の詰めを行っています。乞う御期待です。
 最も重要な課題は、もちろん、TPPです。皆様、私たちは、できるだけ早い国会承認を求めていきます。それは、TPPが、自由で、公正で、開かれた貿易に貢献するからです。TPPは意欲ある日本の農家にとっても良いものです。和牛などの日本の高付加価値産品が、海外の食料市場に参入しやすくなるからです。
 日本は自由貿易の推進役であり続けます。私たちは、日EU・EPAのできるだけ早い合意のために、一層の努力をします。
 ここで、私から皆様にお願いがあります。ぜひ、TPPを批准してください。アメリカがTPPの完全な一員になることで、アジア太平洋地域はもっと、もっと、もっと良くなります。アメリカがリーダーとしての役割を発揮することを期待しています。アメリカの皆さん、共に歩もうではありませんか。 これが私から皆様へのメッセージです。
 そして、3点目は「働き方改革」です。ポイントは、働く方に、より良い将来の展望を持っていただくことにあります。アベノミクスは未来の成長に向けたものです。将来世代に、そして、力強い将来の日本に向けたものです。我々は新しい法律を提案します。この法律は、同一労働同一賃金を実現するものです。
 在宅勤務を望む人もいるし、早く家に帰りたい人もいるでしょう。9時から5時まで働きたいという人もいるかもしれません。同じ企業で働いていて、同じ責任を有しているのであれば、得られるお金に違いがあっては絶対にいけません。現在、非正規雇用労働者は、同じ仕事をしても、少ない賃金しかもらえません。非正規雇用労働者の数も多くなっています。4割もの日本の労働者が非正規雇用労働者として働いており、彼らの賃金は低い傾向にあるのです。我々はこの現状を変えなければなりません。
 正規と非正規の労働者の格差を埋め、若者が将来に明るい希望が持てるようにしなければなりません。そうなれば、もう一度、中間層が厚みを増し、より多くの消費をするようになるでしょう。そうなれば、より多くの人が家族を持つようになるでしょう。そうなれば、日本の出生率は改善するのだと思います。
 言うまでもなく、長時間労働は害をもたらすものです。我々は、この点も改革するため、規制の枠組みを強化し、新たな法律を提案します。そのようになって初めて、女性は仕事を見つけやすくなるでしょう。高齢者は仕事を見つけやすくなるでしょう。
 この問題は、社会問題である前に、経済問題です。我々は労働参加率を上昇させなければなりません。賃金を上昇させなければなりません。そして、労働生産性を向上させなければなりません。「働き方改革」が、生産性を改善するための最良の手段だと信じています。
 来週、日本に帰った後、私は腕まくりをして、この課題に取り組み始めます。「働き方改革」をミッションとする、民間アドバイザーを入れた会議体を立ち上げます。改革に必要な法律が何かを整理し、それを提案します。今後数か月以内に取りまとめます。
 日本は加速しています。アベノミクスも加速しています。私は私の、ドリルの刃を研ぎ澄まします。日本経済の構造を変えるため、私のドリルの刃は、依然として高速回転中です。
 最後に、良いニュースをお伝えして、スピーチを締めくくりたいと思います。私は、日本の人口動態に全く懸念を持っていません。
 日本では、この3年で生産年齢人口が300万人減少しました。しかし、名目GDPは成長しました。今を嘆くより、未来を見つめましょう。日本は高齢化しているかもしれません。日本は人口が減少しているかもしれません。しかし、この現状が、我々に改革のインセンティブを与えます。我々は、生産性を高めようとし続けます。ロボットからワイヤレスセンサー、ビッグデータからAIまで、全てのデジタル技術、新しいものを活用しようと思い続けます。ですから日本の人口動態は、逆説的ですが、重荷ではなく、ボーナスなのです。
 これからの4年間で、東京は再び大きく変わります。オリンピック・パラリンピックを控え、東京は、寛容で、開かれた、多様性のある都市になります。
 そして、2030年代後半、それほど遠い未来の話ではありません。東京でリニア新幹線に乗ると、40分後には名古屋に立っていることでしょう。そして、それから僅か20分ちょっと、すなわち東京からたったの1時間で、大阪に降り立っているでしょう。東京・名古屋間の距離は、ニューヨーク・ワシントンD.C.間の距離とほとんど同じぐらいです。ここアメリカでも、同じリニアの技術を使っていただければと思います。
 約20年後、皆さんは、まっさらな日本を目にすることになるでしょう。東京から名古屋を経て大阪へ。史上最も大きく、豊かで、技術的に発達し、洗練され、かつ、落ち着きのある、7,000万人の巨大都市が見えることでしょう。
 ポケモンGOの世界と同じです。周りを見渡さなければ、見つけることはできません。その場所に行かなければ、捕まえることはできません。ですから、日本に来ていただいて、周りを見渡していただければと思います。経済成長の種は、発見され、花咲くときを待っています。私自身はポケモンGOはしません。経済成長を実現するのは公園を歩くのとは違う(つまり簡単ではない)のですが、しかし、私は日本中で、成長の種を見つけています。それを花咲かせる決意です。
 もし今日の私のお話が強気に聞こえたとすれば、それは、私が日本の将来について強気だからです。
 本日は、ありがとうございました。

 

Opening Remarks by Prime Minister Shinzo Abe at the Dialogue with the New York based Business and Financial Community of Japan
Wednesday, September 21, 2016
Tweet
[Provisional Translation]

Thank you. Thank you so much.
I am Shinzo Abe, not Mario. Like Mario, though, I keep on fighting.
Fighting to boost Japan's economy.

Three Points
Three things, ladies and gentlemen.
Continuity, that is point number 1. More openness, number 2. And changes in our work style, point number 3.

Continuity, openness, work style changes. What do I mean by those three?

Voters gave me a fresh mandate earlier this year. I am determined to use it. My top priority: the economy. My second: the economy. And my third: the economy. Make no mistake. That will not change.

Continuity
Continuity makes a difference. Take, for instance, the corporate tax. That is down by 7 percentage points, on my watch.

Or the corporate governance code. More than 2,000 listed companies have adopted it. Among them, 80 per cent have independent non-executive members of the board.

A year ago, that was about to happen.
One year later, it has already happened.

The stewardship code also matters. That's the flip side of the same coin. Institutional investors must be responsible stewards of the money they manage.

But, for what? It is to urge companies to achieve growth. It is for Japan to
grow and become more robust.

And here is a question. If your asset manager belongs to a large financial group, and the same financial group has other business connections with the company your money is invested into, can you be sure that your money is under good stewardship? There may be a conflict of interest, you should wonder.

To make sure that your money is under good care, Japanese stewardship code will introduce something new next year. Each institutional investor will be urged to set up safeguard measures including a third party committee, ensuring that investment decisions be made always to maximize your benefits.

Openness
Point number two, openness. Please remember, Japan is for openness. Japan is for trade liberalization. Japan is for investment liberalization.

For instance, in Japan, under some conditions, you will soon be able to obtain your green card very quickly. The speed will be among the fastest in the world. We are now working on the details, so stay tuned.

The most important agenda item here, of course, is the TPP.

Ladies and gentlemen, for the TPP, we will seek approval of our parliament, and do so A.S.A.P. Why? Because it is good for free, fair, and open trade.

The TPP is good also for Japanese farmers who are ambitious. Japan's high-value added products, such as wagyu beef, will find it much easier to enter overseas food markets.

Japan will remain an engine for free trade. We will work harder and harder to achieve the Japan-EU Economic Partnership Agreement and do so, again, A.S.A.P.

And here is my request to you. Please do ratify the TPP. The Asia Pacific should be much, much, much better off with the US fully being a TPP
member. We are simply waiting for you to take a leadership role. “Come along, America,” should be my own message to you.

Changes in Work-style
Now, point number 3, changes in our work-style.

The crux of the matter here is to give workers better prospects for the future.

Listen up. Abenomics is for the future. It is for future growth. It is for future generations. And it is for a future Japan that is robust.

We will propose new laws. Those laws will help bring equal pay for equal work.

Some may wish to work from home. Others wish to come back home early. Still others wish to work 9 to 5. So long as they work with the same company and bear the same amount of responsibilities, there must be absolutely no difference in the amount of money they get.

At present, those not in regular employment get less. And there are many such people. As many as 40 per cent of the entire Japanese workforce works as temp staff, and they tend to get less money. We must change that.

We must fill the gap between regular and non-regular workers so that young people can have brighter hope for the future.

Only then do I expect the middle class will once again grow and spend more. Only then do I expect more and more people to start having families. Only then do I expect Japan's birth rate to turn to the better.

Long working hours are, needless to say, harmful. We will change that as well, by enhancing the regulatory framework. We will propose new laws to that end.

The hope is that women will find it easier to work. The elderly will find it easier to work.

This is an economic issue before it is a social one. We must increase the
labor force participation rate. We must increase wages. We must increase labor productivity. And to change the way we work, I believe, is the best way to improve our productivity.

Next week, upon getting back home, I will roll up my sleeves and start working on this. I will launch an expert group with a single mission, a mission to change the way we work. We will sort out what laws will be necessary. We will then propose those laws. This is what will take place within the next couple of months.

Yes, Japan is gaining speed. Abenomics is gaining speed, too. And I will sharpen my drill bit. To change the structure of Japanese economy, my drill bit is still spinning fast.

Demography, onus or bonus?
I will close my remarks by giving you good news. I have absolutely no worries about Japan's demography.

My country has lost, over the last 3 years, 3 million people of working age. And yet, our nominal GDP has grown.

We should look to the future, rather than worry about the present. Japan may be ageing. Japan may be losing its population. But, these are incentives for us.

Why? Because we will continue to be motivated to grow our productivity. We will continue to be motivated to use, say, everything new and digital, from robots to wireless sensing, and big data to AI.

So, Japan's demography, paradoxically, is not an onus, but a bonus.

A New Japan
In 4 years, Tokyo will yet again have changed its profile.

With the Olympic and Paralympic games, it will have become a city of more tolerance, not less, more openness, not less, and more diversity, not less.

And in the late-2030s, which is actually not so far away, you will be popping on a maglev train in Tokyo, and boom, forty minutes later, you will be standing in Nagoya. Only twenty minutes more, meaning in just an hour out of Tokyo, you will be getting off at Osaka station.

The distance between Tokyo and Nagoya is almost the same as that between New York and D.C. And by the way, you could do the same thing here with the maglev technology that is there for you to get.

See, in about twenty years, you will find a brand new Japan. From Tokyo, through Nagoya to Osaka, you will see what? It will be among the biggest, richest, most technologically advanced, cleanest, and yet most relaxed mega cities the world has ever seen with a population of 70 million people.

So, it is almost like Pokemon GO. Unless you look around, you cannot find it. Unless you go to the spot, you cannot get it. So come to Japan and look around. Seeds of growth are there, waiting to be captured, and waiting to bloom.

Though I do no Pokemon GO, though to achieve growth is not walk in the park, I see seeds of growth everywhere in Japan, and I am determined to let them bloom.

That's it, ladies and gentlemen. If I have sounded bullish so far, it is because I am bullish. Bullish for the future of my country, Japan.

Thank you so much.