jirikihongan-kaiun blog

国家公務員総合職・外務省専門職受験へのハードルを 少しでも下げたり、英語 や 多言語化に取り組みたい人へ大きな助けになるブログを目指します。

【外務専門職】京大 英文和訳・和文英訳(7)(作成中)

アマゾンプライムで「マネーボール」を見てました。実際にマーケティングの恩師が設立間もないオリックスブレーブスを優勝に導く話を思い出しました。東京のオフィスから、大阪のオリックスブレーブスの球団事務所へ向かう友人が新幹線に乗車する前の5分間の通話でアドバイスしたのは、主要スポーツ紙の5年分の一面記事を読んで分析しなさいと言うことでした。いわゆるマーケティングリサーチです。

みなさん、そこからどういったことが導きだされたと思いますか?一面記事で扱われているのは、①エース 又は 4番バッターの活躍 ② 劇的なサヨナラ勝ちです。

 

(1)He (=Lincoln) kept longer hours and in almost every way outworked his subordinates, which prompted an old friend and frequent visitor to ask him when he slept. Lincoln’s answer was, according to this friend, “just when everybody else is tired out.”
リンカーンは人よりも長い時間働き、ほとんどあらゆる点で部下よりもよく働いた。そのため、彼の旧友であり、彼のもとを頻繁に訪れた人が、いつ眠るのか尋ねたことがあった。この友人によると、リンカーンの返答は「私以外のみんなが疲れ切っているときだよ」というものであったという。
(2)In 1844 an astronomer noted that Sirius’s movements were irregular, and he deduced that the only explanation must be that it had a companion star, invisible to the naked eye, but exercising a gravitational pull on it.
1844年に、ある天文学者シリウスの運行は不規則であることに注目し、シリウスには、肉眼では見えないがシリウスに引力を及ぼしている。対となる星があるからだとしか、その説明がつかないと推測した。

(3) After all, in mindless moments our brains still functions: all senses are present if not entirely correct, as the final perspective on what is happening around you is a little distorted compared with ‘normal’. Not only that, but you can move your muscles, even if with a little less control or with greater hesitancy.
というのも、意識がない時も私たちの脳は機能しているからである。身の周りで起こっていることへの最終的なとらえ方は「正常」な状態に比べると少し歪んでいるので、完全に正しいとまでは言わないが、それでも感覚は全て存在している。そればかりか、少し制御が鈍くなったり、すんなりではなかったりしたとしても、筋肉は動かすことができるのである。

(4)From all this emerges the obvious, and perhaps even banal, distinction between primary sources and secondary sources.
こうした全ての点から、第一次史料と第二次資料の、明白で、おそらく平凡とさえ思える区別が生じるのである。

(5)「昨日の休日はどこかへ出かけたの?」
「試験前だし、一日中、家にいたよ」
「じゃあ、ずいぶん勉強がはかどったんでしょうね」
「ところが、本を読んでいるうちに、途中でやめられなくなったんだ」
「そんなに面白い本だったの?どうせまた推理小説でしょう」
「それが、すっかり引き込まれてね。夜中に読み終えても、頭がさえてとうとう明け方まで眠れなかったよ」
“Did you go anywhere for the holiday yesterday?”
“No, I didn’t. I stayed home all day long because I have an exam soon.”
“I guess you studied a lot, then.”
“Well, actually, I started reading a book, and I couldn’t put it down.”
“Was it that good? I bed it’s another mystery.”
“It was, I just got totally into it and by the time I finished it, it was the middle of the night. Anyway, my mind was working overcome and I couldn’t get to sleep till morning.”

【外務専門職】英文和訳

子どもの幼稚園見てきます。また、のちほどレポートします。

問い)

Around 90% of leading Chinese state enterprises recently scrutinized by the nation's auditor show evidence of improper accounting, according to a new and highly unusual report likely aimed at keeping the government's anti-graft drive fresh in officials' minds.

The National Audit Office delved into financial statements from 20 of the 101 state enterprises directly controlled by the central government, focusing on filings from the year 2015. The records are notoriously difficult for outsiders to access, as many of the companies are core unlisted units of major state-backed business groups.

Improprieties were unearthed at 18 of the 20, including 200.1 billion yuan ($29.4 billion) in revenue inflation over the last several years and roughly 20.3 billion yuan in improperly booked profit. Culprits included China National Petroleum, one of the country's largest oil producers; China National Chemical, or ChemChina, which recently acquired Switzerland's Syngenta, the world's top maker of agrochemicals; and China Baowu Steel Group.

Dongfeng Motor, which operates joint ventures in China with Nissan Motor and Honda Motor, reportedly failed to properly account for around 600 million yuan in transportation subsidies paid to employees in 2015.

中国政府の反腐敗運動を徹底する目的で新たに公表したとみられる極めて異例のリポートによると、同国の会計監査当局が最近調査した大手国有企業の約90%で不正会計の証拠が見つかった。
中国審計署は中央政府が直接所管する国有企業101社のうち、20社の財務諸表を2015年の報告分を中心に詳細に調査した。これらの企業の多くは大手国有企業グループの非上場の中核部門であるため、部外者がこうした記録を入手するのはよく知られているように困難だ。
 不正は20社のうち18社で見つかり、過去数年で売上高が2001億元(約3兆3000億円)水増しされ、約203億元が不正に利益として計上されていた。不正を犯していた企業には、中国最大級の石油グループである中国石油天然気集団や、農業世界最大手のスイスのシンジェンタを最近買収した中国化工集団(ケムチャイナ)が含まれる。
日産自動車やホンダと中国で合弁事業を運営する東風汽車は、15年に従業員に支払った約6億元の交通費補助を適切に会計処理しなかったとされる。